【毎日おっさん】

隣のおっさんの観察日記

【毎日おっさん】銀杏(ぎんなん)を食べることに疑問を感じて生きてきたおっさん⁉

銀杏(いちょう)→銀杏(ぎんなん)?

この漢字どっちがどっちか未だに意味不明なおっさん⁉
毎年秋になると銀杏(いちょう)の実=”ぎんなん”が道路に落ちて悪臭を齎(もたら)す(臭っ)!
以前横浜の勤務地は山下公園の前だったこの季節の仕事は毎日歩道に落ちている”ぎんなん”掃除から始まる(辛)!
”ぎんなん”の実は臭い!→”ぎんなん”を踏んだ靴で建物に入られると建物全体が臭くなる(悪臭)!
幼いころ(今でも)おっさんは、なぜ人は”ぎんなん”を食べるのか不思議だった(溜息)。
いま名古屋に住んでこの疑問を自分なりに解明できた(…と思う)⁉

f:id:oxtux:20211110073001j:plain
通勤路/インドカレー屋前の銀杏
一般的に店や家の前に汚いものや臭いものがあれば掃除をする(当たり前)!
普通”ぎんなん”が飲食店の前に落ちていたら"臭い”だから毎日掃除をする(一般的な考え)→だが(驚)…インドカレー屋の主人は多分外国人(だと思う)→日本人と違い(人種差別をしているわけではないが…)→この方々は様々な香辛料を使うので日本人より鼻孔が寛大にできている(と思う)カレー屋の主人には”ぎんなん”の臭いなど気にならない(みたい)⁉
だから(?)店の前に落ちた”ぎんなん”は掃除されず放置され→雨風に曝(さら)され→果肉が剥がれ落ち→”ぎんなん”の種子だけが道路に残る(原始的な発想)。
f:id:oxtux:20211110073817j:plainf:id:oxtux:20211110073806j:plain
果肉が削ぎ落され種子だけが残る(驚)!
”ぎんなん”の臭い実を放置することなど1㍈も考えたこともなかったおっさん!
カレー屋の主人が掃除をしないことで→”ぎんなん”は風雨に曝(さら)され→果肉が削がれ→種だけになり→さらに放置することで悪臭が消える…→これで食べることに抵抗が無くなる(驚)!
人生50年以上生きて初めて知ったことだ(感動)!
この感謝の気持ちをカレー屋の主人に伝えたい…と思うおっさんである⁉